Lifestyle

完璧なイクメン夫にモヤッ…「私は必要ない?」と悩む妻はぜいたくなのか

 1月30日、元AKB48で女優の前田敦子さんと俳優の勝地涼さんが離婚協議に入ったことが報道されました。離婚の原因は性格の不一致など、さまざまな憶測がされています。このように、一度は愛し合って結婚した2人でも、その先どんなすれ違いが起きるかはわかりません。
藤木ユカコさん

藤木ユカコさん(仮名)

 大阪府に住む主婦の藤木ユカコさん(仮名?36歳)も、夫との価値観の違いに日々ストレスを溜めているという一人。夫が子育てや家事に協力的ではないのかと思いきや、その逆だとユカコさんは語ります。

家事も育児も完璧にこなす夫

「私は、昔から何でも完璧にこなしたい性格で、結婚も出産も30歳までにするのが目標でした。その理由の1つは、私が一人っ子で両親に可愛がられていたことが大きいです。両親は晩婚で今年70歳、できれば早いうちに孫を見せてあげたいという気持ちがありました。  でも、結婚を目標としていた目前の29歳のとき、長年交際していた彼氏にフラれてしまったんです。このままでは結婚できないかもと焦ってマッチングアプリに登録してみました。アプリでは運良く私の理想にピッタリな良い条件の人が見つかり、それからトントン拍子に入籍、出産と進みました」  マッチングアプリで知り合った夫は大手IT会社に勤めており、経済的にも問題ないように見える藤木さん夫妻。人生なかなか順風満帆なのでは? いったい何が気に入らないというのでしょうか。 「夫は家事も子育てもすべて完璧にこなすんです。私は仕事も家庭も両立したいので、出産後3か月で職場復帰をしました。今は保育園に預けて仕事に行って私が迎えに行く……という毎日を送っているのですが、私が帰ってグッタリしていると夫が帰宅して夕飯を作って息子のお風呂や寝かしつけをしてくれるんです。  私もう少し子供の面倒を見たいと頭では思うんです。でも疲れていて体が動かない……。夫だって仕事で疲れているはずなのに、そんな様子も微塵も見せずに家事をこなして、しかも料理も私より美味しいんですよね。そんな夫を見ていると、私って本当にこの家で必要なのかな? と思ってしまうんですよ……」

「子育ては俺一人で十分」と言われているようで…

悩む女性

※画像はイメージです(以下、同じ)

 家事や育児に協力的で、しかも、そのことに対してユカコさんに何ひとつおごった態度を見せないという旦那さん。妻からすれば申し分ない夫だと思うのですが……。しかし、ユカコさんは続けます。 「せめて実家が近ければ、夫の手を借りずに私も息子の面倒を見る余裕があると思ったんです。それで最近、夫と家を買おうという話になっているのですが、私が実家の近くがいいと言うと、夫は反対するんです。理由は気を遣うから。 『でも、実家が近いほうが何かと都合がいいし』と説得しても『別に今のままでも俺は子供の面倒を見られている。それに、今はまだ子供が小さいからいいけれど大きくなったら義両親も面倒見るのが大変になってくると思う』と言われたんです。まるで、『子育ては俺一人でも十分』と言われているようでモヤモヤした気持ちになるんですよね」
次のページ 
「2人目を作れば…」
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ