Entertainment

「私がバチェロレッテなら彼を選ぶ♥ランキング」意外なベスト10/『バチェロレッテ?ジャパン』シーズン1 

 Amazonプライム?ビデオで配信中の婚活サバイバル番組『バチェロレッテ?ジャパン』シーズン1が、10月30日についに最終回の配信を迎えました。 福田萌子 『バチェラー?ジャパン』では、独身男性が女性候補から未来の結婚相手を選んでいましたが、今回の『バチェロレッテ?ジャパン』は独身女性が主役となり、17人の男性候補から未来の結婚相手を選び抜く、言わば『バチェラー?ジャパン』の男女逆転版。これまでの『バチェラー?ジャパン』シリーズとは違った視聴者層の心にも刺さった模様です。  キモは何といってもバチェロレッテ?福田萌子さんです。外見の美しさはもちろん、その真っすぐで嘘がなくそれでいて心優しい性格や、参加する男性陣への厳しくも真摯な対応。  その人間性に視聴者はすっかりメロメロ。ネット上では「萌子様」の呼び名が定着しており、女性たちからも絶大な支持を得ています。
SNSで評判が高い萌子さまの白スーツ

SNSで評判が高い萌子さまの白スーツ

 そんな萌子さんが、全く違うタイプの2人を残したことで、最終回予想は喧々諤々(けんけんがくがく)となりましたが、いったい萌子さんは旅の終わりをどういう形で決断したのか……楽しみでなりません。 バチェロレッテシーズン1ローズセレモニーラスト さて、今回の『バチェロレッテ?ジャパン』シーズン1にも、過去の『バチェラー?ジャパン』シリーズの例に漏れずバラエティ豊かな面々が番組に参加しています。「私ならこの男子は無理」「私ならあの人を残すのに……」など、自分の推しを見つけて応援しながら見るのもこの番組の醍醐味ですよね。  そこで、『女子SPA!』編集部では、『バチェロレッテ?ジャパン』シーズン1を視聴している20代~40代の一般女性200人にアンケートを決行(※)。参加した全17人の男性のうちから「もしも私がバチェロレッテだったなら彼を選んだ」と思う人ランキングより、ベスト10をここに発表したいと思います! バチェロレッテパーティー

ベスト10にランクインした人気男性を発表!

======== 「もしも私がバチェロレッテだったなら彼を選んだ」と思う男性は? ※20代~40代の一般女性200人に調査、複数回答。 名前の右側はキャッチコピーです。 同率8位 萩原章太(はぎわら?しょうた) 人生の波を待つサーファー 6% 同率8位 鈴木祥友(すずき?よしとも) 『バチェラー』好きなら負けない 6% 同率8位 當間ローズ(とうま?ろーず) 愛と筋肉のハイブリッド 6% 7位   瀬戸口弘樹(せとぐち?ひろき) 美肌めくれば獣です 9% 同率5位 牧野龍介(まきの?りゅうすけ) スーツを着た野心 10% 同率5位 榿澤涼太(はんのきざわ?りょうた) もうキミから離れない 10% 4位   杉田陽平(すぎた?ようへい) アートで愛を奪い取れ 11% ========

●インパクト大だった男性たち

 存在感があるわりに、意外とランキングが低かったのが8位の當間ローズさん(歌手)。 當間ローズ 登場した際には、余りに濃すぎるキャラのせいか「お笑い枠なのか?」と揶揄(やゆ)されたものですが、回を進めるごとに見えてきた彼のジェントルさや同性への熱い友情がグっと視聴者の心をつかんでいきました。  が、視聴者が少々面食らったのが、彼とその家族の深く強い絆。  全ては子どもへの、家族への愛ゆえというのはわかりますし、萌子様もそこには深い感動を覚えたとのことですが……普通の女性には荷が重いといったところでしょうか。  同率5位は、牧野龍介さん(オーダースーツテイラー)と榿澤涼太さん(金融業)。 牧野龍介 牧野さんは職業がテーラーということもあり、終始スーツを武器に自分の夢を叶えたいという想いを語るのが定番だったはず。  ところが、後に“夢”にまつわる衝撃発言で、視聴者全員をずっこけさせました。でも、なんだか憎めない人でした。 榿澤涼太 そしてもう一人の榿澤涼太さん。ネット上では山P似と盛り上がっていたほど、今回のシーズン全参加者の中でもトップクラスのイケメンでしたがバチェロレッテの心には刺さらず、残されてはいたもののほぼ空気状態。  それを一気にくつがえしたのがストールンローズを使っての告白シーン。フラれた後で「だったらデートに誘ってよおおお!」と泣き崩れ、目に涙を光らせ花火を見上げる姿は、最もドラマティックで絵になっていながらも、番組史上最高のネタとも化してしまったのです。  牧野さんも榿澤さんも、途中までモブ化していたにもかかわらず、もともとのスペックは高く大インパクトを残したところが支持を集めた理由かもしれません。

●4位?杉ちゃんがどんどんイイ男になっていく…

 そして、ここで4位にランクインしたのは杉ちゃんこと杉田陽平さん(画家)。正直、この人を抜きにして今回のバチェロレッテは語れないだけに4位は意外かもしれません。 杉田陽平 最初は話もできず涙目になっていた彼が、バチェロレッテと対峙してどんどんとイイ男になっていく様がとにかく凄い。「この番組は杉ちゃんの成長物語か?!」と錯覚してしまうほど。そして、アーティストならではともいえる、「愛とは花びら」を代表とする心の根幹を揺さぶるような名言の数々には悶絶。  ネット上でも「自分もこんな言葉を贈られてみたい!」と叫ぶ女性たちが続出。今回イチのダークホースといえる彼は、どんな結末をたどったのでしょうか……。

3位 黄皓 僕はバチェラーの親友 11%

黄皓 完全無欠のビジネスマンで、当初から大本命枠といわれていた黄皓(こう?こう)さん(実業家)。爽やかなルックスに自信満々のデキる男感が満載の彼ですが、番組内では恐らく最も攻撃的で周囲との軋轢(あつれき)を生み出すというヒール的な立ち位置を担っていました。  周囲にマウントを取って揉め事を起こしてしまう彼のキャラを協調性がないと取るのか、それとも周囲なんてどうでもいいほど自分にまっすぐに向かってきているととるのか……ここは女性によって判断が分かれるところ。 黄皓 しかし、個人的には家族の前で見せる素の笑顔や余裕がなくなった時の人間味あふれるアセりの表情こそ、彼の根底にある魅力ではないかと思っています。  余談ですが、こちらへの参加がなければ彼が選ぶ側となる『バチェラー?ジャパン』をぜひとも見てみたかったですね。

2位 北原一希 笑顔と手料理にかける男 19%

北原一希「緊張をほどいてくれた」という理由でバチェロレッテからの第一印象がよかった男性?北原一希(きたはら?かずき)さん(料理研究家)が2位にランクイン。彼の武器は、人懐っこい子犬のような笑顔と彼の気持ちがこもった手料理だったのですが、逆に言えばそれ以外になかったのが凄いところ。 「自分の期待通りの返答」または「それを遥かに凌駕(りょうが)する自分にない発想」を求めるバチェロレッテにとっては、そこまで歯ごたえがない相手のようにも思えたのですが……。それすらも超えて存在していた彼の人たらし力は本物といえます。 北原一希 ある場面で、ライバルたちからあれほど泣かれるあたりからも性格が伺えますよね。実際に自分の傍にいたら、それが恋人であれ弟的存在であれ、間違いなく可愛がってしまうのは確かだと思います。2位という高順位も納得のポテンシャルの持ち主!

1位 エバンズ マラカイ 怒りのビッグベイビー 21.5%

エバンズ マラカイ 堂々の第一位はエバンズ マラカイさん(通訳)。身長190cmを超える体躯に、とても23歳には見えない精悍な顔つき。そして何より、年齢には見合わぬしっかりと成熟した人間性に惹かれる人は多かったのではないでしょうか。  特にepisode5で牧野さん、榿澤さんと「誰がストールンローズを使うか会議」で見せた熱い討論は、彼の評価を爆上げしました。 episode5でエバンズ マラカイさん、牧野さん、榿澤さん 惜しむらくは、そうした彼の一面をバチェロレッテの前では上手く見せることができなかった点。男性陣の前では堂々と渡り合っていた彼は、バチェロレッテの前ではいつもどこか少年っぽさも残る23歳の若者らしい顔をしていたような気がします。  両方を見ている視聴者からすれば「普段は強いけど、自分の前でだけは本当の顔を見せてくれる人」と受け取るはず。年を追うごとにどんどんイイ男になっていくことが想像できますし、伸びしろや将来性を含めれば、アンケートで彼が1位を獲得したのは必然といえるかもしれません。 エバンズ マラカイ 皆さんの推しはランクインしていましたか?ランキングを見てみると、改めて『バチェロレッテ?ジャパン』シーズン1の男性陣のキャラクターの濃さとそれに比例した番組の面白さを再認識できますよね。  ついに決着を迎えた噂の番組の結末をどうぞ楽しんでください! ※【調査概要】 調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(20代30代40代女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。 調査期間:2020年10月22日 有効回答者数:20才から49才 女性200名 ●作品概要 タイトル:『バチェロレッテ?ジャパン』シーズン1 配信開始日:2020年10月9日(金) ※当番組は2019年~2020年3月に収録。 制作:Amazon バチェロレッテ:福田萌子 司会進行役:坂東工 スタジオトーク出演:ナインティナイン、SHELLY (C) 2020 Warner Bros. International Television Production Limited <文/もちづき千代子> ?この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
もちづき千代子
フリーライター。日大芸術学部放送学科卒業後、映像エディター?メーカー広報?WEBサイト編集長を経て、2015年よりフリーライターとして活動を開始。度を超したぽっちゃり体型がチャームポイント。
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ