Lifestyle

妻の独身時代の貯金300万円を無断で姑に渡した夫。あきれた言い分とは?

 結婚前、少ない給料をやりくりして作った貯金は、自分にとっての大切なお金。夫婦の共有財産でもないため、いざという時のために残しておこうと考えている方もきっと多いことでしょう。  7年前に離婚を経験した飯村優美さん(仮名?41歳)は、独身時代の貯金300万円を結婚後も手を付けずにいましたが、知らない間に全額引き出されていたとか。犯人は夫で、まったく悪びれる様子もなく「お金は母さんに渡した」と言っていたそうです。 妻の貯金を姑に渡した夫

300万円あったはずの通帳残高が数百円に

「『結婚した以上、独身時代の貯金も夫婦の財産だ。それをどうしようと俺の自由だ!』って法律を無視した持論を口にしたんです。  彼はもともと亭主関白なタイプで、好きだったころはそれが男らしくて頼りになると思ってましたが、家事や育児もすべて私任せで文句を言おうものなら大声で逆ギレ。まだ子供も幼かったので我慢していましたが、もう限界でした」  しかも、姑は金遣いが荒かったそうで、結婚した後もたびたび援助。彼が自分の給料や貯金から家計に支障のない範囲で仕送りするのは黙認していましたが、それが優美さん自身の貯金となれば話は別です。 「タンスの引き出しにカードと通帳を一緒に入れていたのですが、ずっと放置していたので利息分の記帳をしようと数年ぶりにその通帳を持って銀行に行ったんです。 けど、口座残高は数百円で引き出されたのは半年以上も前。お金を渡した相手が誰だか聞かされた時点で、戻ってくることはないだろうなって半分諦めていました」

貯金はほとんど残っていなかった

 案の定、義母は300万円を旅行や買い物などに使ってしまい、ほとんど残っていませんでした。 「百歩ゆずって生活費ならともかく、1泊何万円もする高級旅館を泊まり歩いたり、何十万円もするブランド物のバッグを買いあさるとか。使い道を知って本当に腹が立ちました。私をいびり倒す鬼姑に散財させるために貯めてきたお金じゃないのに……」 お金 貯金 税金
次のページ 
夫と義母のナナメ上すぎる態度に離婚を決意
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ