Lifestyle

「家に帰りたくない夫」の言い分と妻たちの怒り。1ケ月外泊した夫まで

「夫の帰りが遅い!」から「夫が毎日家にいてウザい!」と怒りのタネが一転。新型コロナウイルスによる外出自粛やテレワークで、夫婦の距離感について考えさせられた人も多かったのではないでしょうか。
フラリーマン

写真はイメージです(以下同じ)
撮影/恵原祐二

 とりわけ、夫婦の距離感に敏感といえるのが、“フラリーマン”の夫です。「フラリーマン」とは、家や会社に居場所がないという理由で街をふらふらとさまよい歩くサラリーマンのこと。2018年から働き方改革で会社により居残りずらくなり、会社員のフラリーマン化が加速しました。

フラリーマン化する理由1位は「自分の時間が欲しい」

 実際のところ、家に帰りたくないという夫はどのくらいいるのでしょうか? 既婚者会社員男性3048人を対象にアンケートを実施すると、「家に帰りたくないと思いますか?」という問いに「はい」と答えたのは16.4%。その理由の1位は「自分の時間が欲しい」で7割、2位は「妻と会いたくない」で3割弱でした。 「こっちだって自分の時間がほしいし、夫婦仲の悪い夫には会いたくないですよ!」とアンケート結果に顔をしかめたのは、8歳の子供を持つシングルマザーの田野さやかさん(仮名?41歳)です。2年前、夫のフラリーマン化が原因で離婚しました。

1か月も家に帰ってこなかった夫と離婚

「3歳になった子供を保育園に入れて仕事復帰した頃、夫とのケンカが増えていき、夫がフラリーマン化しました。普段は残業のある日でも22時くらいには帰っていたのに、終電まで帰ってこない日が増えていったんです。  私も時短とはいえ仕事してるのに、帰宅して、息子をお風呂いれて、ご飯作って、食べさせて……と全部終わる頃にはクタクタ。夫だけフラフラして家事育児から逃げてズルいと思ったし、一人で背負うのがしんどくて文句を言ってました。何度か『なぜ帰ってこないの』と夫に問い詰めたんですが、『おまえと話したくないから。おまえもひとりで冷静に考えたほうがいい』なんて言い返されましたよ。 一人で悠々自適に過ごしている夫とは違って、私は家事育児に追われてるんだから、そんな余裕なんかないです!  そのうち、夫は終電で帰宅するどころか、だんだんサウナやカプセルホテル、後輩の家に外泊するようになっていって、ついに1か月も家に帰ってこなかったんです。それで『もうこいつは無理だな』と思って、離婚を決めました。私が離婚したのはコロナ禍前ですが、『自分の時間がほしい』なんてのはいつでもお互い様だと思います」

家事育児に対する妻と夫の認識の違いがフラリーマンを生む

 そもそもなぜフラリーマンになってしまうのでしょうか。夫婦関係を長年取材し『夫の不倫がどうしても許せない女たち』(朝日新聞出版)など著書多数の亀山早苗さんは、フラリーマンになる夫の心理を次のように解説します。 「今の夫は、昔のように家のことを妻に丸投げするのではなく、家事育児をやろうという気持ちはあります。しかし、やったところでうまくできず、妻はブスっと不機嫌にしている。夫はその理由がわからず、心にグサグサくるわけです。下手に触れると妻の怒りが爆発するので、最終局面になるまで言い出せない傾向がありますね。そんな家の空気に夫が疲れてしまい、別の居場所を求めるようになるのです」
次のページ 
「男の人は、家事育児が無限にあるのがわかってない」
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ