Love

コロナ下でも婚活はできる?出会える人/出会えない人の違い

 こんにちは、恋愛ジャーナリストのおおしまりえです。 コロナ婚活 夏が終わり、肌寒さを感じる日が増えてきました。6回にわたってお送りした「コロナと婚活」。新型コロナウイルスによって人と容易に出会えなくなり、婚活はどう変わっていったのか。そもそもちゃんと出会えているのか、恋愛できているのか。  取材したなかで見えてきた答えは、意外と影響ないのでは?という1つの結論です。ただ、非常事態になったことで、改めて考えるべきことが増えたように感じます。

「コロナだから出会えない」ことはない

 今回、婚活をおこなう方に話を聞くと同時に、独身である筆者も前向きに各種婚活サービスを利用。「コロナによって出会えなくなった!」という噂の真偽を確かめてみました。  先に結論からお伝えすると、「コロナだから出会えなくなった」は、ちょっと言いすぎではないかなと思います。  もちろん春先の緊急事態宣言当時は外出自粛によって、対面での出会いは難しかったようです。でも中には「公園で会った」など、三密を避けながらの対面機会を作っている人もいました。

コロナでも「良い出会い」は残っている

 ここ数ヶ月は私もアプリで数名の方とお会いできて、残念ながら恋愛には発展しなかったものの、「コロナでも出会える!」という感想を持ちました。
公園デート

中には公園デートする人々も(写真はイメージです、以下同)

 一部に「コロナによって婚活?恋活をストップさせた」という人が6割以上いるというデータ(※)もありますが、これも冷静にみると、3割以上は活動を続けているということ。本気の人の中には、何かできることはないかと考え、行動している人もいるんだなと改めて知りました。 <※編集部注:マッチングアプリ「Pairs」を運営する株式会社エウレカの調査によると、今年5月時点で「婚活?恋活している」は30%、「していない」は70%。していない人のうち、64%は「以前は活動していたが、新型コロナウイルスの影響で現在活動を休止している」。 (調査対象:全国2704名、18~59歳の独身男女?交際相手なしの一般消費者。調査期間:2020年5月14日~15日にオンライン調査)>  今は「Withコロナ」に馴れてきたのか、婚活サービス各社の利用者も戻りつつあるそうです。第二波第三波は心配ではあるものの、本当に婚活したい人は、今自分ができることを見つけて集中した方が良さそうです。
次のページ 
多様化するマッチングアプリを使ってみて
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ