Entertainment
Lifestyle

「結婚して楽しいのは一瞬だけでした」女性達の“生きづらい”体験談がせつない

「女ってなんだか生きづらいな」と感じたことはあるでしょうか? 口に出したら、「気にするな」「差別ってほどじゃない」「昔の女性はもっと大変だった」と言われそうな、日々の違和感――。
『82年生まれ、キム?ジヨン』メイン

『82年生まれ、キム?ジヨン』

 そんな思いを抱えている人たちから、熱い共感を集めている物語が『82年生まれ、キム?ジヨン』です。2016年に韓国で小説が刊行されて130万部突破の社会現象となり、日本でも大ヒット。昨年韓国で映画化され、今年10月9日から日本全国で公開されています。

「女性として生きづらさを感じた体験談」が読者から続々と

 キム?ジヨンは、33歳の普通の主婦。出産で仕事を辞め、はたから見れば平穏な暮らしをしています。ですが、「女だから」という理不尽が少女時代から少しずつ積み重なり、職場での制約、夫や姑との関係、再就職への壁…といった現実の中で、ついに精神が壊れてしまうのです。
『82年生まれ、キム?ジヨン』サブ

『82年生まれ、キム?ジヨン』

 令和の日本女性もこんな思いをしているのだろうか? ということで、女子SPA!のサイトとSNSで「女性の生きづらさを感じた体験談」を募集したところ――。  とても濃くリアルな体験談がたくさん届いたのです!(ありがとうございます。1度では載せきれないので2~3回に分けて掲載します)  今回はその一部を、育児→結婚?仕事→少女時代と、さかのぼって紹介します。 ※以下はほぼ投稿のままです。名前はペンネーム。個人が特定できそうな部分は変えてあります

育児/障がいがある子供から、夫は逃げようとした

(既婚?子供あり?りんちゃん)  13年前、妊娠22週ちょっとで、700グラムの子を出産しました。あらゆる障がいを背負うだろうと言われ、出産直後から必死に生きてきた子供と私。  そんな私達に向かって夫が言った言葉は、「離婚したい」。  怒りよりも呆れる感情が噴き出しました。おそらく夫が両親に止められて離婚に至らなかったのですが、夫からの愛も優しさも感じない。過酷な生活の中で私が潰れなかったのは、ただひたすら子供を育てることだけに意識を集中したからだと思います。  大きな壁にぶち当たったら、夫は逃げられるんです。仕事と言って逃げられるんです。離婚と言って逃げられるんです。子供を捨てることもできちゃうわけです。  今思うことは「どーぞお好きにどこへでも逃げてください」。ただそれだけです。
母子

画像はイメージです

家事/仕事とすべての家事。くたくたで頭が爆発しそう

(既婚?子供なし?専門ちゃん)  結婚したら、楽しくて心が落ち着く場所が出来る。そう思えたのも一瞬だけでした。 「家事は気づいた方がやればいい」といっても、気づくのはいつも私。医療現場で朝から晩まで働いて帰ったら19時過ぎ、そこから家事をしていたら、私という人間の私らしい部分は小さく小さくなっていき、1日が終わって床に座り疲れて動けなくなって……そういえば私の好きな事や趣味って何だっけ?  好きな時間に帰ってくる旦那は、私が作ったご飯を食べてご飯の評価をする。ありがたく食えよ。充電切れの私に、何かどうでもいい事を話しかけてくるけど頭に入らない。 「いつも嫌な顔ばかりしてるね。」 「ハイすいません。」  好きで嫌な顔してるんじゃないよ。朝早くに家を出て夜に帰り、家事でくたくたの私の横で、のん気にイヤホンしながらご飯食べてるお前が羨ましい。  出したら出しっぱなし、排水溝のゴミは取らない、次々と皿を出して、そのくせ私にはアドバイスくれるよな。いらねぇよ!
家事代行

画像はイメージです

 結婚してわかった。女の負担が大きすぎる。私は病気になってしまうかもしれません。女の人がおかしくなってしまう理由が分かる。  お風呂場やトイレにいるとき、いっぱいいっぱいの頭が爆発してオイル漏れみたいに涙が出る。それでも明日のご飯を作るために台所に立つんだから、日本って怖い国だよ。
次のページ 
「セクハラも認めるのが多様性」!?
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ