Beauty

洗顔はクルクルしちゃダメ!クレンジング泡を開発した上原恵理医師に聞く

美活バナー 次々に出てくる新しいコスメや美容法。特にアラフォー以上の“大人の美活”は日々進化しています。  大人なら、ちゃんと理屈をわかって選びたい!というわけで、ヒットコスメや話題の美容法をシリーズで取材していきます。  今回話を聞いたのは、“さわらない美容”、“こすらない洗顔”を提唱し、著書『すっぴんクオリティをあげる さわらない美容』が話題の美容外科医?皮膚科医の上原恵理先生。
上原恵理先生

上原恵理先生

 日々さまざまな美容の情報を発信しているSNSでも人気で、Twitterでは約6.2万人、Instagramでは約5.5万人と、SNSのべ約11万人超のフォロワー数を誇ります。  そんな上原先生が、ついに自身のブランド「Lov me Touch(ラブミータッチ)」を立ち上げました。第一弾として、こすらないクレンジング&洗顔「Lov me Touch クレンジングソープ泡 ホームケア LMT」(価格:3,500円 税別 内容量:200mL)を開発。なんと、初回の予約販売で完売するほどの注目商品となりました。
『Lov me Touch クレンジングソープ泡 ホームケア LMT』価格:3,500円(税別)内容量:200mL(画像:株式会社NIKUプレスリリースより)

『Lov me Touch クレンジングソープ泡 ホームケア LMT』価格:3,500円(税別)内容量:200mL(画像:株式会社NIKUプレスリリースより)

 そこで、なぜこの商品を作ろうと思ったのか…上原恵理先生に制作秘話を聞きました。

W洗顔いらず、保湿成分セラミド配合の泡クレンジング

「私、基本的にズボラなんですよ(笑)。だから、オイルクレンジングが苦手で…。だって、オイルクレンジングって、洗顔していると肘までオイルが垂れてきてヌルヌルしたり、服についたりするじゃないですか?  かといってお風呂場で使うと、オイル洗顔は乾いた手で扱わないといけないので難しい…。しかも、オイル洗顔の後にW洗顔をしなければならないし、その洗顔フォームを泡立てるのもめんどくさい(笑)」  美肌のためにはまずは“こすらない洗顔”の徹底をと唱え続けている上原先生。自身の“ズボラ”体験から、肌への負担が少なく、かつW洗顔のわずらわしさからも解放されるような、革命的クレンジングを作りたいと開発に踏み切ったそうです。
(画像:株式会社NIKUプレスリリースより)

(画像:株式会社NIKUプレスリリースより)

「最初から泡立っていて、メイク落としも洗顔も一回でできるクレンジングがあったら嬉しいなと思って。だから、ボトルに特殊ポンプフォーマーを採用して、弾力のあるきめ細やかな泡を実現しました。泡を手でプレスすれば、皮膚をこすらずにしっかり洗顔できます。  また、メインの成分がオイル成分ではなく石鹸由来なので、寝起きでも使用していただけます。さらに、洗顔後肌がカピカピにならないように、保湿成分のセラミドも配合しました」  まさに、上原先生の理想を形にしたクレンジング。でも、完成までには苦労もあったのでは…。

「地味な作業で沼のような時間でした」

上原恵理医師『Lov me Touch クレンジングソープ泡 ホームケア LMT』「開発していると、矛盾することばかりなんです。濃いアイメイクを落とす洗浄力は欲しいけど肌にやさしくしたいとか。肌にいい有効成分をバンバン入れると、有効成分を安定化させるために、別の成分をいれないといけない。そうすると相性が悪くなってしまって分離しちゃったり…。バランスって難しいんだなと思いました。  何度も試作を繰り返してはボツにするという地味な作業で、ズブズブとしずむ沼のような時間でした(笑)。でもこれで完成とは思っていないので、今もまだまだ開発途中です」  沼…! しかし、そんな努力を経て開発した「Lov me Touch クレンジングソープ泡 ホームケア LMT」は、初回の予約販売を開始して4日で完売したそうです。 「その後、レフィル(詰替え用 価格:2,980円 税別 容量:200mL)も作りました。私は洗剤とか、パウチタイプのレフィルをボトルに詰め替えるとき、ついこぼしてしまうので、ポンプだけ付け替えられるようにキャップ付きのボトルにしました」
次のページ 
くるくる洗顔は、もうやめて
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ