Lifestyle

コスプレイヤー女性の悲鳴。写真詐欺と言われ、ネットに顔をさらされて

 美容医療はここ数年でぐっと身近になり、美容整形で顔のコンプレックスを克服したと公言する人は、リアルでもネットでも珍しくなくなりました。
美容

写真はイメージです(以下同じ)

 でも、気軽になったのは、あくまでメスを使わない“プチ整形”の話。  骨を削るような整形手術が必要となると、やっぱりなかなか踏み出すのは難しく、コンプレックスの渦に飲まれてしまう人もいます。本人にとって、容姿のコンプレックスはとても重たいもの。時にはその重さに耐えかねて、命を危険にさらしてしまう人までいるようです。

ギャルだった高校時代までは平和だった

 地方で事務員として働く松田あやかさん(仮名?29歳)も、コンプレックスを抱える女性の一人。彼女がそのコンプレックスをはっきり自覚したのは大学生になってからでした。 「ヤンキー文化の強い地域に生まれて、高校時代まではギャル的なカッコをしていたので、半自動的にスクールカーストの上位にいました。だから、自分の弱みになるようなことと向き合わずに済んだんだと思います。  自分のコンプレックスが気になるようになったのは、大学生になってからでした。好きになったサークルの先輩に告白して振られた時、陰口を叩かれるようになったんです……『アゴ女』って

自分のアゴが大嫌い、だけどどうしようもない

「私のコンプレックス」

松田さん(仮名)。十分お美しいのに……

「面長で、横から見ると三日月のような形で前へ出たアゴ。このしゃくれアゴは、私の人生を黒く塗りつぶしていきました。一度悪口を言われてからは、全てのことがこのアゴのせいで上手くいかないと思うようになりました。どれだけメイクを頑張っても、ダイエットをしても、絶対消えてくれません。彼氏ができないのも、自分が憧れるようなメイクが似合わないのもこのアゴのせい。  美容整形外科に相談に行ったこともありましたが、上顎と下顎、両方に骨切りの手術と歯列矯正が必要で、費用は数百万、ダウンタイムも3ヶ月~半年ほどかかると言われ、ずっと二の足を踏んでいます。二重整形の手術くらいだったら、数万円で済むのに」  顔のコンプレックスとしては、目もとのコンプレックスも輪郭のコンプレックスもよく聞くものではありますが、手術の規模となると大違い。入院生活も長い輪郭関係の手術は、いくら美容整形が一般化してきたとはいえ、気軽にできるというものでもありません。
次のページ 
二次元にのめり込み、コスプレの世界で認められるように
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ