Lifestyle

月収8万5千円で暮らす25歳女性の不安。TV番組制作の激務で適応障害に

 私大文系なら4年間で約400万円、国公立でも約250万円かかる大学の学費。親にとって大きな負担であることは言うまでもなく、大幅な収入減や失業などで途中で払えなくなる場合もあるようです。 女性とお金 現在、清掃員のアルバイトをしている吉原史菜さん(仮名?25歳)は、大学2年のときに学費を滞納。それが原因で中退せざるを得なかったといいます。

親に負担をかけたくないと大学を中退

「実家は小さな工場を経営していたのですが大口の取引先との契約を立て続けに切られ、経営状態が一気に悪化してしまったんです。  学費は最初の期日までに振り込むことができず、父親は『お金のことは心配しなくていい。必ずなんとかするから』と言ってくれましたが、当時まだ中学生の妹もいましたし、それが簡単なことではないことは私にも理解できました。  このとき貸与奨学金とバイトで大学生を続ける道もありましたが、就職後に返済しなければいけないし、だったら中退して就職しようと思って辞めてしまったんです」  両親に相談すると絶対に反対されることがわかっていたため、何も言わずに退学手続きを取ったとか。そして、正式に中退してから事後報告として両親に伝えたそうです。 「当然、怒られましたが同時に『そんな辛い決断をさせて申し訳ない……』と謝られました。  私も大学で何か学びたいものがあったわけではないですし、進学したのも大卒のほうがいい条件で就職しやすいと思っていただけ。講義をサボったりはしませんでしたが、そんなに真面目な学生でもなかったので辞めたことは後悔していません。せっかく仲良くなった友達の何人かとは、ここで縁が切れてしまうことになりましたけど……」
吉原史菜さん(仮名?25歳)

吉原史菜さん(仮名?25歳)

中退後はテレビの番組制作会社に就職

 中退後は求人サイトで見つけたテレビの番組制作会社に就職。もともと、ばく然とマスコミ業界に憧れがあり、「どうせなら興味がある業界にしよう!」と応募。同社でADとして働き始めますが、労働環境が過酷と言われるテレビ業界でも、番組制作会社は特にキツい職場のひとつです。  地上波の情報番組などを複数担当していた彼女の会社も例外ではなく、朝から夜中までロケとその下準備に追われる日々で、会社に泊まり込むこともあったそうです。 「厳しいことは噂でなんとなく聞いていました。最初は仕事のすべてが大変でしたが、やりがいもすごく感じていました。けど、常に納期に追われ、取材先がなかなか確保できないことも多くて。上司も厳しい人で毎日のように怒鳴られていました。  私も頑張って働いていましたが…勤めて半年ほど経ったころだったと思います、身体にじんましんができたり、原因不明の頭痛や腹痛に悩まされるようになったんです」  入社したころのような仕事の充実感はなくなり、「目の前の納期をただ守ることだけを考えていました」と史菜さん。でも、身体の不調を抱えながらの仕事は、突然限界を迎えることになります。
次のページ 
ある朝、目が覚めると身体が動かない
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ