Lifestyle

彼氏の母から学歴マウンティング。反撃したのは彼じゃなかった

 昔ほどではありませんが、子供の結婚相手の家柄や学歴が気になる親はいるようです。なかには釣り合わないと思い、反対こそしなくてもネチネチと相手に嫌味を言ったりするケースもあるそう。 「元カレの母親がまさにそのタイプ。私も一応大卒なのですが全国的な知名度はそれほどないため、知らなかったみたいなんです。そのせいかFランク大扱いされ、会うたびにバカにされていました」
義母、姑、彼ママ

写真はイメージです(以下同じ)

自分が知らない大学=三流大学と判断して見下す彼氏の母親

 そう振り返るのは、住宅メーカーに勤める林原香奈子さん(仮名?31歳)。母校は偏差値的にも中堅レベルで何度もそう伝えたそうですが、まったく信じてもらえなかったとか。かといって言い訳がましく受け取られるのも嫌だったため、途中からは説明することをあきらめてしまったといいます。 「お義母さんは私が住んでいた県にある国立大の卒業生。お義父さんや元カレをはじめ、親戚を含めてその大学の出身者が多いらしく、いつもそのことを自慢していました。  国立大といっても別に旧帝大ではないですし、私の通っていた大学とレベル的にそう大差はないはずなのに。でも、地元国立大の出身ということで地元ではエリートとして見られるようで、プライドはものすごく高かったです。元カレは全然そんなことなかったのに……」  当時、20代半ばだった香奈子さんは彼氏と同棲中。しかし、彼氏の実家も同じ市内にあったそうで、彼の母親はひんぱんに2人が暮らしていたマンションに訪れていたそうです。 「しかも、狙っているのか元カレがいない時間に来ることが多かったですね。自分の息子の前では優しい母親を演じていましたが、私しかいないときは口を開けば聞こえてくるのは嫌味ばかり。  お義母さん的に私は三流大学出身のおバカな女子という扱いだったため、そのうちに本当に自分はそうなんじゃないかと思うようになっちゃって。それで抱く必要のない学歴コンプレックスを感じるようになってしまったんです」 悲劇を回避する方法、母親に買ってに捨てられ悲しむ女性

金髪ピアスの弟を見た目だけで格下認定

 そのことを誰にも相談できず、ひとりで悩んでいたそうですが、そんな彼女の異変に気づいた人がいました。 「弟です。もともとカンの鋭い子で久しぶりに遊びに来たと思ったら『なんか元気ないけど大丈夫?』っていきなり言われちゃって。  それで元カレのお義母さんのことを話したんです。そしたら『結婚してないのに息子の彼女いびるとかありえねぇ!』って怒っちゃって。すると、ちょうどナイスタイミングでお義母さんが家に来たんです」  香奈子さんの弟は彼氏の母親と会うのがこれが初めて。弟は平静を装って「姉がお世話になっています」とあいさつしたそうですが、このときの彼は金髪にピアスというチャラついた格好。そんな彼のことを値踏みするように眺めていたといいます。 「お義母さんは薄ら笑いを浮かべて、『さすがは香奈子さんの弟さんね』ってあからさまに見下してきました。それで『お仕事は何をなさっているの?』とたずねてきたんです。きっとこの容姿だからまともな仕事に就いてないと思ったんでしょうね。だから、弟が大学生だと告げると驚いた様子でした」
次のページ 
京大生だった弟が彼氏母に…
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ