Entertainment

ミスチル桜井の長男、国宝級イケメンと話題。次世代スター5選

「最近、CMやドラマでよく見るけど誰なんだろう?」そう思うフレッシュな若手芸能人がいませんか。入れ替わりの早い世界で、また新しい子たちが出てきたのかとため息をつきたくなる一方で、彼らのはちきれんばかりのエネルギーにワクワクもするもんです。  まだ「大ブレイク」には達してないけれど、今後人気者になること必至! 次代をひっぱるであろう新星たちを女子SPA!編集部がセレクトしてお届けします。

Kaito(ドラマー)

「国宝級にカッコイイ」「キンプリの永瀬廉に似てる」と熱視線を浴びているのが、ロックバンド「インナージャーニー」のドラマー、Kaito(19)。「ミスターチルドレン」のボーカル、桜井和寿(50)の長男です。  Kaitoは2001年生まれ、東京都育ち。幼少期はサッカーに精を出すも、中学生の時に音楽の道へ進みました。父親から才能を受け継いだようで、昨年4月にはスガシカオのサポートドラマーとして『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演。ミュージシャンとして一歩前進しました。ちなみに、一番影響を受けたアーティストは「スピッツ」と公言しています。 「個人の活動の幅を広げる」として、ABEMAで放送中の人気恋愛リアリティー番組『オオカミくんには騙されない』に8月から出演中。共演女性5人中3人から好意を寄せられ、“勝ち組”の実力を見せつけました。ただの「七光り」で終わらない逸材の予感!

森七菜(女優)

 飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍を見せている女優、森七菜(19)。「オロナミンC」のCMで<いつで~もスマイルしようね~?>と元気な歌声を披露しています。  01年に大阪府で生まれ、大分県で育ちました。特技は関西弁と大分弁という“バイリンガル”です。17年にAmazonプライム?ビデオで配信されたドラマ「東京ヴァンパイアホテル」で女優デビューすると、19年には『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)に出演。同年7月に公開された新海誠監督の映画『天気の子』では、ヒロインの声を務めました。
 今年4月からは、NHK朝の連続テレビ小説『エール』でヒロインの妹役を好演。顔の半分はありそうな黒ぶち眼鏡姿が印象的です。初の朝ドラには「影響力を実感した」と驚きを隠せません。  朝の情報番組『ZIP!』では、8月の金曜レギュラーを担当。そして10月からは、初主演ドラマ『この恋あたためますか』がTBS系で放送されます。共演は中村倫也。森の時代が来るか?
次のページ 
次の朝ドラヒロイン清原果耶
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ