Entertainment

宇垣美里がおすすめ“元気になれる本”「かっこいい女性たちが爽快です」

 コロナのせいで夏を楽しめず、気分が落ち込んでいる人のために、これまで2回にわたり、フリーアナウンサーの宇垣美里さんに、元気がでる映画とマンガについて話を聞きました。 【おすすめ映画】?宇垣美里が女性におすすめ“アガる映画”4選「私も戦わねば!ってなります」 【おすすめマンガ】?宇垣美里が選ぶ、元気がでるマンガ。「私も自虐して後悔したことが」 宇垣美里おすすめの“元気になれる本”「人がバタバタ死ぬ話です」 最終回の今回は、「読むと元気になれる本」について教えてもらいました!

『ピエタとトランジ』

●作品あらすじ:天才的な頭脳を持つ女子高生探偵トランジと、彼女の才能に惚れ込み助手に名乗り出た同級生のピエタ。トランジは身のまわりに殺人事件を引き寄せてしまう不思議な体質で、次から次に周囲で人が死んでいく。あるとき、トランジに秘められた恐るべき事実が明らかになり、人類は滅亡に向かう――!? 『ピエタとトランジ』著者:藤野可織、講談社/2020年3月 「コナンくんみたいな、殺人事件を引き寄せてしまう体質のトランジと、相棒ピエタの女子バディ物語です。トランジの周りでバタバタ人が死ぬ謎を解き明かそうといろんな人が訪ねて来るけど、体質が伝播してその人たちの周りでも事件が起こって、どんどん世界が荒廃していく。そんな中でもピエタとトランジは一緒にいるんですよ。 『あなたと一緒にいるせいで、ピエタは平穏な生活を送れない』って言われて、トランジが雲隠れしてしまうんです。けど、ピエタにとって彼女のいない人生は、順風満帆でもぜんぜん楽しくないんですよね。ある日また出会って、あぁやっぱりここが一番息ができるって。荒廃していく世界のなか、2人で生活を続けて、おばあちゃんになるまで一緒に生きていくんです。  家族でもないし、恋人でもないけれど、一番居心地のいい場所として描かれている2人の関係がすごく気持ちが良くて、『もっとやれ!』という気持ちになります」(コメントは宇垣美里さん、以下同)
次のページ 
めちゃ楽しいファッションの本
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ