Fashion

40代女性が「老けて見えちゃう」服装とは?若見えのコツを体型別に伝授

 こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角佑宇子(すみゆうこ)です。鏡で毎日自分の姿を見ていても、小さな変化には気づかないものですよね。でもある時ふと「あれ? なんだか老けてる?」とハッとすることはないでしょうか。
変化

写真はイメージです

 そんな時、私もちゃんと生きているんだなぁと感慨深くなると同時に、なんだかちょっと自分に自信をなくすような気にもなりますよね。  さて、今回は体の変化をより感じやすい40代が「老けて見えがちなポイント」と、ファッションによる改善テクニックを体型別にご紹介します。

ほっそりさんの老け見えポイントは【上半身】

 細い方は全体的に骨格が華奢(きゃしゃ)なのでスタイルが良く見えるいっぽうで、年齢を重ねると骨ばって貧相なイメージが出てきます。とくに顔まわりに近い鎖骨?胸元といった上半身はあまりにも華奢すぎると幸薄そうに見えるので気をつけたいですね。 40代の老けみえポイント&改善コーデ 腰まわりや脚のラインもあまりにも細いと骨っぽさが出るので気をつけたいのですが、ボトムスはスカートやワイドパンツでシルエットを覆い隠せばOK。逆に上半身はオーバーサイズで隠そうとすると服に着られるような印象になるのでオススメできません。トップスは体にぴったりとフィットするジャストサイジングを心がけてください。

ほっそりさんには、程よい厚みのある素材が◎

 服の素材は程よい厚みのあるものがベスト。バスクシャツやリブタイプのサマーニットなども良いですね。Tシャツはネックラインにしっかりリブが入っているものが望ましいでしょう。デコルテは出しすぎると寂しい印象になるので、基本的にクルーネックorボートネックでスタイルアップをはかって。
次のページ 
ぽっちゃりさんの老け見えポイント【後ろ姿】
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ